現代は、昔の野菜と比べて栄養価が下がってる?

現代の野菜は、昔の野菜と比べて
栄養価が下がってる、とよく言われます。

 

これは本当で、栄養価の値は下がっています。

 

たとえば、ほうれん草に含まれるビタミンCは、
50年前の物と比べると、20〜25%しかありません。

 

なぜそうなってしまったのかというと、
畑の土壌の変化や品種改良が大きく影響しています。

 

昔は、自然堆肥を使った農法で野菜を作っていました。

 

こうした農法で育った野菜は、微量ミネラルが土に還元されていて、
そこで育つ作物は栄養がバランス良く豊富に含まれていました。

 

しかし現代の化学肥料や農薬に変わったことで、
微量ミネラルが作物に取り込まれなくなりました。

 

野菜の品種改良による副作用も問題で、
大量生産や生産効率のためだけの品種改良は、
野菜の含有栄養価が無視されています。

 

野菜の味自体も、昔と違って悪くなっています。
水っぽくなっていて、野菜特有の匂いや味がなくなりました。

 

現代と昔とでは、野菜の中身は大きく変わってきていて、
ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が極端に少なくなっています。

 

1日の摂取量のビタミンCをほうれん草だけで摂る場合、
50年前だと2株程度でよかったのですが、今では9株くらい必要になります。

 

外見は同じでも、現代の野菜は、昔の野菜とは別物なのです。